スポーツマウスガードについて

スポーツマウスガード

スポーツマウスガード

スポーツによる負傷の約30%が、口に関係する怪我といわれているのをご存知ですか?

 

そのため、ボクシングやラグビーなど様々なスポーツで、口の中に入れるマウスピースの装着が義務付けられています。

 

また、噛み合わせの矯正ができる精密なマウスピースを装着する事で、運動能力が飛躍的に高まることが報告されています。

マウスピース(マウスガードについて)

マウスピース(マウスガード)は口の中の保護装置で、マウスプロテクターなどとも呼ばれています。マウスピース(マウスガード)は外力から顎と口のまわりへの衝撃をやわらげ、歯の破折や、顎の骨折、口の中・口の外の軟組織のケガを防止するものです。脳しんとうの予防にもなります。


マウスピース(マウスガード)は、上顎の歯につけることが多いのですが、スポーツによっては下のほうにだけ、あるいは上下につけることもあります。

注意

マウスピース(マウスガード)にはスポーツ用品店などで販売されている簡易型のものもありますが、口をあけるとすぐに落ちてしまったり、正しい咬み合わせができず顎関節(がくかんせつ)を痛めるなど、かえって危険なことがあります。歯科医院で型をとって精密に作るものが安全です。


正しいマウスピース(マウスガード)の使用は、からだのバランスの安定、筋力の向上がみられるという研究データがあります。競技の種類によっては、競技力が向上すると報告されていますので、歯科医院でつねにチェックしてもらいましょう。

マウスピース(マウスガード)の多様な効果

  • 歯の保護
  • 口腔・口唇周辺部の裂傷予防
  • 顎部の骨折の予防
  • 顎関節の保護
  • 脳震盪の予防

さらに装着することによって、安心感の増大という大きな効果があり、アグレッシブなプレー、ファインプレーに結びつきます。


マウスピース(マウスガード)の効果 スポーツ先進国アメリカの歯科医師会の報告によると、合衆国内で行われるスポーツの試合中にマウスピース(マウスガード)を装着することで、年間200,000件以上の口腔領域のスポーツ外傷を防いでいるとしています。


日本においても最近、予防効果が高いという同様な学会報告がみられます。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、川崎市にあるさくらが丘歯科まで。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 044-740-0203.png
staff staff blog