入れ歯の治療について

部分入れ歯について

歯の一部を失ってしまった場合は、部分入れ歯を使用します。

部分入れ歯の種類

部分入れ歯には、保険が適用されるものと、自費診療となるものがあります。

保険の入れ歯

部分的に失った歯を補うために使用する入れ歯です。
隣接する歯を削り、そこに金具を引っかけて装着します。

 

保険が適用できるので安価で作れるですが、金具を歯に引っかけるため、見た目が気になる方にはおすすめできません。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネのない入れ歯です。
薄くて軽い仕上がりで周囲の歯や歯ぐきへの負担も少なく、天然歯に近い美しさを手に入れられることができます。

総入れ歯について

総入れ歯とは

ほとんどすべての歯を失ってしまった場合に入れる入れ歯が、「総入れ歯」と呼ばれるものです。総入れ歯は、ほとんどすべての歯を失ってしまった方にとって、生活の質(QOL:Quality of Life)を回復させるために非常に重要なものです。

総入れ歯の種類

総入れ歯にも、保険適用となるものと自費診療になるものがあります。

保険の総入れ歯 レジン床義歯

保険の総入れ歯 レジン床義歯

レジン(歯科用プラスチック)を使って作られた入れ歯です。
保険が適用されるため費用が安く、修理も簡単にできるのがメリットですが、分厚くて痛みや違和感が出やすいこと、耐久性があまり高くないことがデメリットです。

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャー

生体シリコーンゴムを使って作られた入れ歯です。

密着性が高いため、痛みが出にくく着け心地も快適なことがメリットですが、修理が簡単にできないことや汚れが付きやすいことがデメリットになります。

金属床義歯

金属床義歯とは、「義歯床」と呼ばれる部分が金属でつくられた入れ歯のことです。
保険の入れ歯より薄く作ることができ、熱伝導率が良く、違和感も少なくなっています。

ゴールド床義歯

義歯床がゴールド(金)でできた入れ歯です。身体との親和性が高く、腐食・変色の心配もありません。また、鋳造性に優れているので、お口にぴったり合ったものを作りやすいこともメリットです。

一方、ほかの金属床に比べて重いこと、自費診療となるため金額が高いことが、デメリットになります。

チタン床義歯

義歯床がチタンでできた入れ歯です。身体との親和性が高く、汚れがつきにくく軽いというメリットがあります。一方、自費診療となるため金額が高いことがデメリットです。

コバルトクロム床義歯

義歯床がバイタリウムでできた入れ歯です。強度があり身体との親和性が高いことがメリットですが、チタンに比べて重く、金属アレルギーの方には禁忌となることがデメリットです。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、川崎市にあるさくらが丘歯科まで。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 044-740-0203.png
staff staff blog