小児歯科・小児矯正

小さいころから健康な口腔内環境を

当院の診療方針

当院では、Tell(話す)・Show(見せる)・Do(治療する)をモットーに小児歯科治療を行っております。

 

Tellとは、今からどんなことをするのかをお子さんに「話す」こと
Showとは、治療器具を「見せる」こと
Doとは、実際に治療を「行う」こと
を意味します。

 

初めて受診されるお子さんにとっては、歯科医院は何をされるのかわからない場所です。そのため、最初に歯科医院でいやな目に遭うと、その後一生歯科医院が嫌いになってしまう可能性もあります。

 

当院では、いやがるお子さんをむりやり押さえつけて治療を行うことはしておりません。
いやがって泣いてしまうお子さんには、治療器具を一切使わず、歯磨きのレッスンから始めて、徐々に治療へ移行できるようにしていきます。

小児歯科で行うこと

  • むし歯の治療
  • むし歯予防
    染め出し液を使用した歯磨きの指導のほか、歯の溝への「シーラント(歯科用プラスチック)」の充填などを行います。
  • フッ素塗布
    歯のエナメル質を強化します。
  • 保隙装置(ほげきそうち)
    歯が抜けた(歯を抜いた)ところに周りの歯が寄ってくるのを防ぐため、器具を使って永久歯が生えてくるスペースを確保します。
  • 歯が欠けた、割れたときなどの外傷の処置
保護者の方へ
  • 食事やおやつは時間を決めて食べるようにしましょう。
  • 1日1回(特に夜寝る前)はきちんと歯を磨く習慣を身につけましょう。
  • 仕上げ磨きは、できれば小学校3~4年生くらいまで行っていただくのが理想です。歯ブラシだけでなく、フロスなどの補助的な清掃道具も使って、歯のお掃除をしてあげてください。
  • 定期的にフッ素塗布を行うこともおすすめしております。当院でご家庭用のフッ素ジェル(ホームジェル)もご用意しておりますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

小児矯正

小児矯正にも対応

当院では、矯正専門医による小児矯正治療も承っております。
小児矯正は、小学校3~4年生ごろから始めることをおすすめしておりますが、適切なタイミングについては、定期健診のときにご相談ください。

 

また、中学生や高校生になったお子さんで、部活や塾などで忙しくなり当院まで通っていただくのが難しくなった場合は、通いやすい歯科医院のご紹介もしております。

 

お子さんの歯並びが気になる方は、お気軽に当院スタッフまでご相談ください。

床矯正

乳歯期から永久歯が生えそろうまで、装置を使って少しずつ歯列を整えていく方法です。
矯正装置は、一般的なブラケット・舌側矯正装置・マウスピース型のものなど、ご希望のタイプを選択することができます。

口腔育成

お子さんの上顎の2本の骨がくっついていない性質を利用して、装置を使って顎を大きくしていき、歯の入るスペースを確保します。

 

歯を抜かずに矯正できることが多く、後戻りする可能性が少ないことがメリットですが、装置を取り外している時間が長くなれば、矯正期間も長くなることがデメリットです。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、川崎市にあるさくらが丘歯科まで。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 044-740-0203.png
staff staff blog